内視鏡検査について

経鼻内視鏡(会話しながら検査がおこなえます。)

鼻から入れる胃の内視鏡検査で、直径が5.9ミリの細くしなやかな内視鏡です。嘔吐反射が起きにくく、安全に検査が行えます。
眠くなる麻酔は使わないので、検査後30〜60分で車の運転ができ、そのまま仕事に戻ることもできます。

内視鏡システム

内視鏡システムはFUJIFILM 社を採用しています。

経鼻・経口内視鏡

左が経口内視鏡、右が経鼻内視鏡です。

運転可能

検査後すぐに出勤もOKです。

大腸内視鏡(日帰りポリープ切除可能)

当クリニック独自の前処置方法により、高齢者や便秘の方にも比較的短時間で検査が開始できます。
大腸ポリープは小さい段階で切除すれば、癌の確率が低いという結果が出ています。
10ミリ未満のポリープであれば高周波電流を通電せずに切除する方法が可能です。
通電しないため、出血などの合併症の危険性が低くなり、日帰りで対応できます。

大腸ポリープ切除グラフ

内視鏡ベッド

大腸がんの早期発見に有効です。

お問い合わせはこちら0978-22-0022月火木金 9:00-12:00 / 14:00-18:00 水 9:00-12:00 / 午後休診 土 9:00-12:00 / 13:00-15:00
休診日  水曜日午後・日祝日