新規でプラセンタ注射をご希望される方へ

 

みなさん、こんにちは。

新規プラセンタ注射をご希望の方にお伝えします。

効能は  女性の更年期障害および乳汁分泌不全と

慢性肝炎(男女とも)の3つが保険適応病名です。

中でも女性の更年期障害は40~50代の女性が中心です。当院では、35歳~59歳の女性に対して、アンケートによる更年期症状の質問を行い、更年期症状の強い方には保険診療でプラセンタ注射を行っていただきます。アンケートで更年期障害の診断に至らない方は、自費でのプラセンタ注射をお受けいただくようになりますので、ご了承ください。

保険診療での自己負担額 

350-500円程度

自費診療での自己負担額(税込み) 

1000円(プラセンタ1本)、1500円(プラセンタ2本)

自費での注射の方は、今後消費税や診療報酬改定による金額の変更がありますので、ご了承ください。