大人の「のどがいたい」

みなさん、こんにちは。

最近、「熱はないけど、のどが痛いです。」という患者さんが受診されています。

・発熱(38度以上)

・咽頭痛がひどく、数日たってもよくならない。

以上の2つは受診をおすすめします。多くはウイルス感染による咽頭痛で問題なく治癒しますが、中には溶連菌によるものがありますので、注意が必要です。溶連菌は簡単に検査可能で、抗生物質を飲めば、すぐによくなります。

ウイルス?溶連菌? どっち?

<ウイルス性の咽頭痛>

鼻水、咳、目のかゆみなどを伴うことが多い。

<溶連菌の咽頭痛>

咳、鼻水などがなく、痛みが強い。

発熱(38度以上)

首のリンパが腫れる。以上が特徴です。

さらに、”救急車を呼んだほうがいい咽頭痛“があります。

1.呼吸も苦しくなった

2.唾がのめず、よだれがでる。

3.首や舌が腫れてきた。

4.首を動かせない、口を開けづらい。

以上は、重篤な病気のサインです。

久しぶりの院長の勉強時間でした。すいません、これからはもっと発信していきますね。みなさん、お体をたいせつに。